9×9=無限大

将棋に関する雑記ブログです

【棋王戦】広瀬八段が三浦九段に勝利!勝者組決勝戦に駒を進める

佳境を迎えている第44期棋王戦。

11月12日(月)、棋王戦挑戦者決定トーナメント準決勝より、三浦弘行九段 vs 広瀬章人八段の対局が行われました。

結果は激しい中盤戦から、広瀬八段が一瞬のスキをついて、三浦玉を即詰みに打ち取っての勝利。

勝者決勝戦に駒を進めました。

 

 

充実してるぞ!広瀬八段

今期、竜王戦挑戦を初めとして、叡王戦本戦進出、王将リーグ入り、そして今回の棋王戦本戦の駒を順調に進めるなど、勝ちに勝ちまくっている広瀬八段。

 

https://www.shogi.or.jp/images/player/pro/255.jpg

最近リア充すぎる広瀬八段

画像出典:https://www.shogi.or.jp/images/player/pro/255.jpg

 

巷では「新婚パワーで棋力向上」などと噂されていますが、もともと強かった終盤力にさらに磨きがかかったのが好調の理由でしょう。

非公式ながら、某レーティングサイト(棋士ランキング)では堂々の1位。

昨期よりレーティングを100以上向上させての1位は凄まじいとしか言いようがないです。しかも対戦相手には、A級以上が半数以上名を連ねるという錚々たるメンツですからね。強すぎる・・・。

 

 

読売新聞さんも賞賛するように、広瀬八段の魅力は、まさに「紫電一閃」という言葉が似合う、終盤の切れ味にあると言えます。

気付いた時には切られている・・・。

終盤になって広瀬八段が攻めてきたら、もう自玉に詰み筋がないか確かめなくてはならない・・・。

落語の「鼻唄三丁 矢筈斬り」のような切れ味が、今の広瀬八段の強さの原動力だと思います。

 

激務すぎるぞ!広瀬八段

そんな充実した生活を送る広瀬八段ですが、勝てば勝つほど忙しくなるのが将棋界の常・・・。

ここ1ヶ月前後のスケジュールは多忙を極めています。

以下は広瀬八段のブログから、10月23日以降のスケジュールを転載したもの。

 

今後の予定ですが

23日、24日(火、水)竜王戦第2局
28(日)王将リーグ
11月1日、2日(木、金)竜王戦第3局
6日(火)王将リーグ
9日(金)王将リーグ
12日(月)棋王
15日(木)叡王戦
17日(土)チャリティーイベント(連盟)
18日(日)JT杯決勝戦解説
21日(水)A級順位戦(大阪)
24日、25日(土、日)竜王戦第4局

といった日程でほぼ決まりそうです。

 

忙しすぎィ!

もうやめたげてよぉ!

 

今週末にチャリティーイベントとJT杯解説のお仕事を入れた連盟は本当に鬼畜(何)

強豪棋士の宿命とはいえ、大変ですよね・・・。体調にはくれぐれも気を付けていただきたい。

 

とはいえ、12日の対局で勝利した広瀬八段は勝者決勝戦に進出。

 

勝者決勝戦佐藤天彦名人 vs 黒沢怜生五段の勝者と対戦します。

下馬評では、「決勝の相手は佐藤名人が有力」という状況ですが、黒沢五段は昨年度も棋王戦挑戦者決定戦まで勝ち進んだ棋王戦男

どっちが勝ってもおかしくないでしょう。

 

果たして冬将軍、渡辺棋王への挑戦権を勝ち取るのは誰か。

棋王戦、いよいよ大詰めです。