9×9=無限大

将棋に関する雑記ブログです

【順位戦 A級】羽生善治竜王と広瀬章人八段が勝利!4勝1敗で首位豊島二冠を追走

 

A級リーグ5回戦、ここまでの振り返り

11月21日(水)に第77期順位戦 A級リーグ戦の第5回戦のうち、

 

の2局が行われました。

遅ればせながら記事を書いています・・・。

 

A級順位戦は一斉対局ではないため、

昨日時点では、5回戦のうち半分が消化されていた状態でした。

 

首位に立っているのは、開幕から無傷の5連勝で独走状態に入っている豊島二冠。

f:id:MatsudaAdmin:20181122220756j:plain

画像出典:豊島将之が初タイトル!羽生がタイトル獲得数通算100期ならず! | MATORYO BLOG

 

トップ棋士ばかりが在籍するA級での5連勝はなかなかできることではありません。

今、最も強い棋士の一人として上げられるのも納得の強さです。

 

そんな豊島二冠を追うのが、今回対局のあった羽生竜王と広瀬八段、そして本日(22日)対局を迎えている三浦九段の3名です。

3名とも4回戦を終えて、3勝1敗という成績。

豊島二冠に食い下がるためには、何としても5回戦で勝利を挙げておきたいところです。

 

広瀬八段が稲葉八段に勝利!

まず決着が着いたのは、広瀬 vs 稲葉戦。

戦型は相掛かり。

力戦系の将棋で大駒が躍動する華々しい将棋になりました。

 

結果は、稲葉玉をうまく挟撃体制に持ち込んだ広瀬八段の勝利

成績を4勝1敗として、豊島二冠を追走します。

 

敗れた稲葉八段は1勝4敗。

今年度のトータル成績も6勝13敗(勝率:0.316)と奮いません。

リーグ内の順位は2位のため降級はないと思うんですが、いかんせん心配ですな・・・。

次回の王位戦予選では師匠である井上慶太九段と対局がありますが、

この対局を今後の成績向上のカンフル剤としていただきたいものです。

 

羽生竜王が阿久津八段に勝利!

次に終局を迎えたのは、羽生 vs 阿久津戦。

角換わり腰掛け銀の進行から羽生竜王が巧みに攻めをつないで、

阿久津玉を投了に追い込みました。

 

f:id:MatsudaAdmin:20181122230126j:plain

画像出典:羽生竜王が順位戦4勝目 最速・最年少で2千対局を達成:朝日新聞デジタル

 

勝った羽生竜王も4勝1敗。名人挑戦を狙える位置につけています。

 

一方、敗れた阿久津八段は5連敗。

A級での初勝利はまたもやお預けとなりました。

 

うーーん、阿久津八段、なかなか勝てないですな。。

イップスみたいなものなんでしょうか?

本人も苦手意識など持っていないといいのですが・・・。

今年度のトータル成績も6勝11敗(勝率:0.353)と、こちらも稲葉八段同様に不調のようです。

 

今期のA級は明暗がはっきりと分かれる様相を呈してきていますね。

 

羽生善治竜王が公式戦通算2000対局を達成!

実は昨日の順位戦、羽生竜王の勝ち負け以上に話題になったことがありました。

それがこれ。

 

www.asahi.com

 

羽生竜王がキャリア2000対局を達成したというもの。

しかも、谷川浩司九段の持つ最年少記録を5年近く更新するというおまけつきです。

 

 

ただ、個人的には、

まぁ納得の結果でしょ

と思ってしまうところもありまして。(笑)

 

そこがまた羽生竜王の凄いところでもあります。

この記録を更新できるのは藤井聡太七段か、はたまた前人未到の大記録となるのか・・・。

 

ひとつだけ言えるのは、

これからも羽生竜王の将棋が観れて幸せ!

ということですね。

 

ちょっと最後は脱線しましたが、

A級5回戦の最後の1局、佐藤康 vs 三浦戦はいま!

いままさに行われています(笑)

 

6回戦は12月中に順次行われる予定です。

後半戦は上位陣の直線対決が多くなってくるA級順位戦、ますます目が離せません。

 

そして私は佐藤康 vs 三浦戦の観戦に戻ります・・・