9×9=無限大

将棋に関する雑記ブログです

【竜王戦】第4局1日目が終了、羽生善治竜王が66手目を封じる

 

http://live.shogi.or.jp/ryuou/images/photo_31-04pre_start.jpg

画像出典:TOPページ|竜王戦中継

 

竜王戦七番勝負第4局が開幕

第31期竜王戦、第4局が京都府京都市の「福知山城」でいよいよ開幕しました。

タイトル獲得100期に向けて羽生竜王が出陣です。

 

対局城となった福知山城の紹介はこちらから。

www.kakusyo-matsuda.com

 

昨日の羽生竜王は普段あまり見ない、

濃いめの紫(えんじ色というのか?)の羽織をまとっての入場。

どことなく天彦名人っぽい。

 

 

気合の表れかな?と思っていたのですが、

昨日、奥様の羽生理恵さんが次のようなツイートをしていました。

 

 

なるほど、土岐氏の家紋である桔梗から着想を得たんですね。

心憎い演出です。

 

対する広瀬八段は縞の袴に白の羽織。

挑戦者らしい清々しいいでたちで羽生竜王へ挑みます。

 

戦型は角換わり

前夜祭で行われた事前の戦型予想では「角換わり」が圧倒的に人気でしたが、

実戦もやはり角換わりに進みました。

両者の研究の深さと意地がぶつかり合います。

今回のシリーズ、第4局まで戦型はすべて角換わり。このまま角換わりのシリーズとなるのでしょうか。

 

さて、実戦の進行は、

前例の将棋をなぞりつつも、比較的テンポが速く手が進む展開に。

序盤、玉の反復移動でお互いに最善形を目指します。

 

下図は38手目、△5四銀と銀を腰かけた局面。

ここから▲7九玉→△5二玉→▲6九玉→△4二玉→▲6八玉と

玉だけがうろうろと移動します。

面白いですよね~~。

何が行われているのかは分からないですけど。

f:id:MatsudaAdmin:20181125091101p:plain

画像出典:2018年11月24日〜11月25日 七番勝負 第4局 羽生善治竜王 対 広瀬章人八段|第31期竜王戦

 

さらにこの後しばらくは大橋四段 vs 澤田六段の前例通りに進みますが、

手を変えたのは羽生竜王

前例は△4五歩と歩を伸ばすところ、じっと△3五歩と成銀を支えました。

f:id:MatsudaAdmin:20181125092325p:plain

画像出典:2018年11月24日〜11月25日 七番勝負 第4局 羽生善治竜王 対 広瀬章人八段|第31期竜王戦

 

さらに、ここから3手進んだ65手目 ▲7四歩の局面で羽生竜王封じ手

勝負の行方は明日に持ち越されました。

f:id:MatsudaAdmin:20181125092828p:plain

画像出典:2018年11月24日〜11月25日 七番勝負 第4局 羽生善治竜王 対 広瀬章人八段|第31期竜王戦

 

封じ手予想は?

さて、問題の封じ手ですが、検討陣の予想では△4六成銀か△3四銀に絞られているようです。

個人的には成銀を玉頭に運んで桂頭攻めを狙いたいので、△4六成銀かな~~?

とはいえ、何といっても指し手は羽生竜王なので、

検討陣の予想にない手が飛び出すかもしれません。

 

封じ手開封は9時から。まもなく対局が再開されます。

2日目も素晴らしい将棋を期待しましょう。